一軒家を検討中の方必見!名古屋注文住宅ランキング6

ホーム > 名古屋の注文住宅について > 名古屋においても注文住宅は住みやすく長持ちします

名古屋においても注文住宅は住みやすく長持ちします

 家を買う場合、建売を買うと安く買えると思われますが、これは家の材料が規格品を使っているので材料費が安いことが原因の一つです。それとやはり丁寧な仕事をしていないから人件費が安くつくことが考えられます。建売の場合、家を建てているところを施主に見られることがないですから手抜きをしていても分らない部分があります。それに見えない部分に安い材料を使っていてもわかりませんから、粗悪な材料を使っている可能性は強くなります。家は高い物ですから、安ければ喜んで買って行く人が多いわけで、建売の場合はいかに安く仕上げるかがポイントになっています。しかし家は人が済みますから徐々に傷んでいくわけで、手抜きをした家は傷みが速く後々お金が掛かります。そのことを知らない人は安さだけで家を買ってしまい、後で後悔することになるわけです。

 この事情は名古屋でも大阪でも同じであり、全国でこんな感じで建売が売れていることになります。建売の家と全く違う注文住宅がありますが、これは施主が設計に口をはさんでいる家であり、使い勝手や丈夫さを計算して建てている家です。施主の考えにしたがって経てている家ですから金額的には建売に比べてかなり高くなります。しかし、使う材料は粗悪な物は使われずいい物を使うのがほとんどですし、高いことを承諾して建てているのですから、安く仕上げる必要がないですから手抜きをされることもありません。注文住宅を建てようと考える人は家について詳しく知っている人がほとんどですから、家の耐久性についても知っている場合が多いです。したがってその部分についても考えて注文を付けているから長持ちする家になることが多いです。

 この傾向も名古屋に限らず全国的なことで全国的に注文住宅の方が長持ちするのは間違いないです。また、注文住宅の家の方が住みやすいことも間違いがありません。元々注文住宅の家を建てると言うこと自体が住みやすい家にする為ですから住みやすい家になって当たり前のことです。ただ一つ欠点があるのは材料にいい物を使っている関係でリフォームや修理の時に費用がかさむと言う点があります。これに関しては注文住宅を建てること自体が高くつくことであり、家を大切に考える人であるわけで、安さにこだわる人ではないので本人は別に問題を感じないのではないかと思われます。本来家を建てるなら注文住宅にするのが一番いいと思われますが、普通の人は家についての知識がありません。したがってお金がある人でも注文住宅にはしない人が結構います。

次の記事へ

カテゴリー